• 隠し扉用の金具を確認したところ、現実的な選択肢が3つ。
    ①大型扉用
    ②スリム扉用
    ③簡易型

①と②は外側(廊下側)に開き、③は内側(店内側)に開きます。
①と②はおなじ構造。金具の大きさの違いで、取付可能な扉の幅が違います。板張りの壁がごっそり動くダイナミックな隠し扉が可能。
③は内側に開くので扉部分しか可動しません。

 

本格的大型扉

モノフラット リンクスヒンジ X800型



メリット
大型の扉を豪快に開け閉めできる。

デメリット
金具がデカくてゴツイ。取付のための工夫が必要。店舗内部を圧迫するかも。


↑この幅の金具が、現状だと内側につけられない。
太い柱を立てるなど工夫が必要。

本格派スリム扉

モノフラット リンクスヒンジ X600型

モノフラット リンクスヒンジX800と同じ動きが可能。
対応扉サイズの違い。

X800:750~850mm
X600:550~650mm

メリット
豪快な開け閉め。
金具も小さめ。取り付けやすい

デメリット
扉の幅が65㎝までとやや狭い



※動画はX450型だけど、だいたい同じ。

 

 

簡易版

モノフラット ユニゾン

 

メリット
取付簡単そう。安く済みそう。

デメリット
壁紙しか使えない。安っぽい。動きが地味。

未分類

宣伝です!

ゲスト出勤募集中



カフェ&バーCraris Veil(クラリスベール)では、ゲスト出勤・フリーキャストを募集中です!
600人が応募した人気のオリジナル制服を着てプチ体験してみませんか?
ClarisVeil(クラリスベール)